丸尾丸子ワンマンライブ

会場: Acoustic Live Bar harness ライブ&バー・ハーネス

TEL : 03-6454-6277

東京都杉並区阿佐谷南2-18-9 ゴールドビル阿佐ヶ谷B1

新宿よりJR快速:8分・阿佐ヶ谷駅南口下車、徒歩2分

http://livebarharness.web.fc2.com/map.html

時間: 19:00open / 19:30start

料金: 予約)¥2.000 当日)¥2.200+Drink

☆追加情報 : ゲスト

ペンと書物(ギターと歌)

矢田伊織(ベース)

そして!!→ 上埜すみれ(歌)(映画『歌ってみた恋してみた』主演)

スペシャルゲストです◎

※フライヤーのイラストは”おんちみどり”さん

(階段の絵がそそられます。なんだか「ぐるぐる」という歌にもつながる世界のような気がしております◎あつかましくも、、)

デザインは”清岡秀哉”さん!

(裏面デザインもすばらしい、 ぜいたくなチラシです!)

たいへん光栄な企画、久しぶりに東京に歌いにまいります。 柿崎さんに 企画していただきました! たっぷり演奏させていただきますので お越しいただければ幸いです。

ワンマンライブのゲスト!

7/28 阿佐ヶ谷ハーネスでの丸尾丸子ワンマンライブ

いよいよちかづいてきました。

この日、心の友、

ペンと書物さんに

数曲参加していただきます◎

ペンと書物さんが京都に住んでいたときには、お互いの歌に参加しあったりしていたので、久々のコラボとても楽しみです◎

そして、削ぎ落とし研ぎ澄ましたベースで、

伊織氏に支えてもらいます◎

そそそそして!

西荻みなみ監督の映画「歌ってみた恋してみた」で、私の作詞作曲した挿入歌を歌ってくださった、主演の

上埜すみれさんが!

一曲歌いにきてくださいます◎!!

スペシャルです!

そして、私もこの日のために新曲を作りました◎

宇宙探査機 という歌。

いろいろと、、、なかなか絶不調な月日だったけど、

音楽っていいなあと再認識しています◎音楽があってよかった。

ライブに向けて 日々 ていねいに歌っています。

あらためてじっくりと自分の歌に向き合って、新鮮に響いてきました。

あとはなんとか体調をもちなおしてまいります。

タフに!いきたい!

久々の丸尾丸子ライブ

お越しいただければ幸いです。

じゃばらいぶ vol.6

会場: プチ・エル

〒540-0031 大阪府大阪市中央区北浜東3−14(エルおおさか 大阪府立労働センター 地下1階)

http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

開場13:00 開演13:30

【入場無料】

演奏: 教室生 / 松原智美(講師)/ ゲスト:丸尾知子

(詳細は松原智美さんのブログをご覧ください。”じゃばらいぶvol.6″ http://matsubara-tomomi.com/index.php?QBlog-20180516-1)

※関西、いや日本が誇る!クラシック&現代音楽アコーディオン奏者 松原智美さんの門下生発表会で、光栄なことに松原智美さんとデュオをさせていただきます。ソロでも演奏させていただきます。アコーディオンにご興味のある方など、入場無料ですのでお気軽におこし下さい◎

投稿日: カテゴリー 日記タグ

鳥の健康日記

ひさしぶりの鳥日記

昨年末から今年前半にかけてばたばたとしておりました。

◆昨年11/11に、愛鳥ぺろたんが星になりました。

リンパ腫で、ひどい貧血になり、それでも半年ほど通院しながらがんばりました。5歳9ヶ月でした。

サムライのような男でした。

アコーディオンのベローシェイクの真似がかっこよかったです。

曲を覚えて 決めのところでタイミングぴったりに鳴きました。

毎日寝る時間ぴったりに集合の呼び鳴きをしてくれて、いうこと聞かない人間を叱ってくれる、厳しいリーダーでした。

ステロイド剤が本当によくきいて、あぶないところから元気を取り戻してがんばりました。びっくりするくらいよくがんばりました。

ぺろたんのがんばりが少しでもインコの医学の発展につながればと検体に出しました。

病院の先生が本当によくしてくださいました。先生のおかげでがんばれました。

(ちなみに、ぺろたんの名前の由来はポリフォニーの父と言われるフランス中世の音楽家ペロタンでした。

そしてもう一羽は、れおなん☺️。 れおなんも、レオナンという中世の音楽家からとりました。)

◆ぺろたんのショックもおさまらぬ矢先に、住居立ち退きの要請が!

前の日記に書きました、台風による屋根の破損で取り壊すとのことで、、

いきおいで引っ越ししました。

のどかで、とても気に入っていた場所ですが、、、

◆引っ越し後

なかなかの落ち着かなさのまま、春になりなんやら毎日あっちへこっちへ怒涛の日々、いつにない忙しさの中

一羽でさみしい愛鳥れおなんのために、雛のニューぴーちゃんを迎えました。

ニューぴーちゃんは健康診断で菌やウイルスなどが無いことが確認されるまで隔離状態のつもりでしたが、検査の結果pbfdが陽性でした。今も隔離中。

聞いたときはものすごくショックでしたが、飼い主の私はすぐにやる気を出して今は寛解を目指して治療中です。かわいいニューバードのため。

本人(鳥)は、食欲旺盛でむちむちで、元気すぎるくらい大暴れしています。羽もふわふわです。

部屋もケースも毎日、次亜塩素酸水で消毒しまくっております。

れおなんは、ずっと一緒にいたぺろたんがいなくなって食欲が落ちてしまったけど、ニューぴーちゃんが来てから、ニューぴーちゃんの声を聞くと元気が出てきて(一緒にあそぶことはできないけど)、安心しているようです。

pbfdで、いろいろ考えますが、、、

それにしても本当に病院の先生、看護師さんには感謝でいっぱいです。関西に素晴らしい鳥の病院ができてとても嬉しいです。

そして鳥は通院中ですが、人間も病院や東洋医学をはしごしまくってなかなかの奮闘ぶりです!

つづく。

ビバアコーディオン

第32回 ふれあいこんさあと ビバアコーディオン

会場: 住友クラブ多目的ホール(3F)大阪市西区江戸堀1-13-10 成泉ビルディング (地下鉄四ツ橋線肥後橋駅下車10番出口すぐ)

時間: 13:00~16:30【入場無料】

主催: 全関西アコーディオン協会 ビバアコ実行委員会

※西日本最大のアコ仲間の集まるふれあいこんさあとビバアコーディオン、今年も一曲独奏で参加いたします!はじめての会場でどきどき&怒涛の日々?の中で準備してきた曲ですが、宇宙に想いを馳せられるような素敵な音楽が奏でられたらいいなあと思います。

会場では楽器の病院、楽器の展示、楽譜の販売などもあるようです◎

三浦カヨ komaki ニュウカセット発売記念御披露目

3/21(水・祝)

於:喫茶ゆすらご(〒602-8344 京都府京都市上京区二番町199−1)

16時開場、17時開演

1500円(+1order)

※握手+サイン会あり升

▼出演

三浦カヨ(+客演者あり)

対局(江崎将史+貝つぶ)

紫明亭禿

●子は今(丸尾丸子+矢田伊織+小堀努+松本一晃)


※三味線唄いの三浦カヨさんのカセット発売記念!!

こちらは、●子は今で、久しぶりのバンドライブです。バンドでの新たな曲を何曲か予定しています◎(丸尾)

新年 2018

◆今年もどうぞよろしくお願い致します。

この一年が幸せでありますように。

▼天草で初日の出 見えませんが

 

▲きれいなツタ

▼大江天主堂

 

 

▼崎津教会

 

◆昨年秋の大型台風、京都は強風で倒木が道や線路を塞いで大変なことになりましたが、わが賃貸物件も、一部、屋根が破壊されておりました。

それで結局マンション自体を取り壊すと大家さんに宣告されて、早速引越し準備にとりかかっております💦。

ある意味当たり。

屋根が飛ぶってどんなマンションだよ!と思いますが、そのぐらいすごい風でしたし、また屋根の飛びそうなマンションでもありました💦。

引っ越し、たいへんやけど、、、ついでにデトックスできれば、、、

地図や間取り図を見るのは好きなので、見ている分にはそれはとても楽しいです。が、、、

生きていれば毎年何事かが巻き起こりますが、今年もどうか心穏やかに 過ごせますように。

アコーディオンコンクール日記

◆10/9月祝

四年ぶりに開催される、JAAアコーディオンコンクール、一般上級の部に出場するために東京に行ってきました。

前日から新宿に入り、ホテルでは神経が昂ぶってしまって全然寝られなかったのですが、

(のべ2時間くらいは寝られたのかな?)

なんとか乗り切って演奏し終え、

ありがたいことに一位を頂くことができました。とても光栄です。

企画、運営されたJAAのスタッフの皆さんはたいへんだったと思います。

スタッフの方々のご尽力にたいへん感謝しております。

あのような機会、そうそうたる先生方に聞いていただき、勿体無い日でした。

そして、細々とやっている中で応援してくださった方々、ご迷惑をおかけしてしまった方々に感謝とお詫びの気持ちでいっぱいです。

今後も改めて、地道に、少しずつ、精進してまいります。

そして、月一で教えていただいている吉田親家先生の貫禄のご指導!

公開レッスン等フリーベースについてアドバイスとヒントをたくさん頂いているアコーディオン奏者 松原智美さま!

アコーディオンについての視野を広げ、深めてくださってありがとうございました◎

そして、関西から共に出場したOさんが2位でした。これもとても嬉しかったです!

Oさんはとてもハードな日々の中で現代作品を弾き2位入賞されました◎

そして、あの日出場していた皆さんが、アコーディオンが好きで演奏している方ばかりで、素敵な日でした。

各部門の一位入賞者は記念コンサートで演奏させていただいたのですが、ホールなので響きと空間の広がりがあって、吹っ切れた感もあり、演奏していて、とても気持ち良かったです◎

そのあとのゲストはバンドネオンの小松亮太さんと、ギターボーカルかずまさん! 贅沢な余韻、、、

◆アコーディオンは 日本では いうてもマイナー楽器で、日本の大学で専門に学んだりできないしアカデミックな広がりは少ないけど、とても自由で、どうにでも広がっていける可能性があって、

とても面白いなーと思いました。

私も自由曲は、自分でアコーディオン編曲したものを弾きました。

とても面白い、奥が深すぎる、おすすめ楽器です。

ちなみに日本音楽コンクールの作曲部門では、今年、アコーディオンの入った曲が本選に二曲も残っていました!

アコーディオンは松原智美さん!

BS NHKのクラシック倶楽部は毎日録画してるので、松原さんの演奏もばっちり拝見しました◎

2位入賞の曲が面白かったです。

◆9月末にコンクールの練習を録画したものをyoutubeにアップしたのですが、

その後の1週間、仕上げのラストスパートで、かなり集中力と推進力と気力がアップしたので、

youtubeのときの演奏よりも本番当日の方が、自分の中では一、ニ段進んで良い演奏ができたと思います。そこだけは自分をほめるポイントかなと思います。なんとか、、、😥

それまでは本当焦りしかなかったです。。。

いまや、あの緊張感はどこへやら、、

またこれからもあの気持ちを思い出して励みたいと思います。

まだまだだなー、こうしたいなーと思うことは山ほどあるので、またこれからもゆっくりのんびり切磋琢磨していきたいです。

貴重なスリーショット

いただきました!

右から松原智美さん

世界のクラシックアコーディオンの女王、御喜美江さん

去年のかけ算九九の六の段あたり日記

久しぶりの日記です。いつ以来?

去年は変化の年でした。

去年のにっき(おっそ)

◆鳥

去年の新緑のころに、愛鳥の一羽 インコのぴーちゃんが3歳の若さでなくなってしまいました。死因は腺胃癌でした。やさしい風のふいていた日でした。

春からの通院もむなしく、、でした。

もっと早くに何かケアできなかったかなと大きな後悔もあり。

小鳥は繊細な生き物なので、ちょとでも様子の違うところがあれば対策をしないといけない。

改めて痛感、しんどそうになってからでは遅いので、、、
ぴーちゃんは元々ペレット食だったのが、3月末に偏食が始まってシードしか食べなくなり、そのあと病院に通いつつも吐き戻しがでてきて体重がどんどん減ってしまいました。

もともと体が大きくて元気でパンチのきいた女ぴーちゃんでした。

最後の最後まで力づくで飛んでました。
2羽の先輩インコさんたちは現在も元気に過ごしてます。一羽は6月から通院中ですがみごとに回復しています!!

とてもよい とりの病院がたかつきにできたのです!!

◆ 父

去年のはなしのつづき

初夏に父が他界、そこそこの年でしたが、親戚などはみなさんなかなかご長寿なので、ちょと早かった!とも思ってます。自然に身を任せました。

しごとはおかたいしごとをしてましたが、若いころトランペッターの道をめざして東京に出ていたことがあって、オープンリールで宅録重ねどりをしてたとか、ギターやピアノを弾いたり、フルートやらバイオリンやらいろんな楽器をもらってきたり、カシオギターやポータトーンなどチープ電子楽器を買ってきたり、血筋かな〜と思うことも多いです。

わたしは高校を出てから家をはなれてしまってたのに、最期のときを見とれたことは何か不思議でもあり、ほんとによかったです。
とにかく、そんなこんなでした。

◆そんなことが重なりながら、(長文になります)

その前から進行していたことがありました。

春にアコーディオン奏者の松原智美さんからナイスなフリーベースの鍵盤アコーディオンの中古がある!!とご連絡いただき、2、3年ずっと探しつつ待ちつつ見つからずじまいだったのでこれを逃したらないな!、、と思って、決断にふみきりました。
そして決断してから2ヶ月ほどで海外から届いたフリーベースアコーディオン。いろいろなことがひと段落しだした夏から始めて、はまってしまいました。こもって練習するのにはまりました〜。ある意味ナイスタイミング。

ゲットする前年くらいからエアーでフリーベースのスケールとかイメトレしていたのでやっと手に入れることができて本当うれしかったです。
練習がてらにフリーベースでいろいろ弾いてみました。

ピアノ譜をそのまま弾ける、とのうわさ?でしたが、むずっ!!!!

フリーベースゲットしたらドラクエ弾きたいと思ってたけど、なんかとてもじゃないがピアノ譜そのまま弾けまへんでした。汗。

そこからフリーベース用にアレンジして夜な夜な練習する日々が始まりました。
そんなこんなでyoutubeにドラクエ曲をUPした次第でした。
ニュー楽器、今までのアコーディオンとくらべて、同じアコーディオンと言えどもまったく違う楽器、でした。

まず、でかい!!!楽器のサイズが!!

重い!13キロオーバー!!

わたしゃチビ女。

左のボタンの場所にとにかく慣れないとなんもはじまらん、、、

重さとボタン配列の違和感で

変に身体中に力が入ってしまって、、

いかに体にニュー楽器を馴染ませるか奮闘がはじまりました。 悶絶でした。
ベルトの長さや位置を変えたりアレクサンダーテクニークとか4スタンス理論とかボディマッピングとかひもトレとか自己流で(まちがってるかも!!)

いろいろやりながらミクスチャーしたおかげで、ちょっとだけシンプルに馴染む方法がわかってきたようなそんな気がしました。一年がかりで!!しかし!もうひとこえ!なじんでるのかなじんでないのかの瀬戸際!

◆そして、年明けてから

10月9日に四年ぶりに東京で開かれるアコーディオンのこんくーるに、フリーベースのセルフアレンジ曲で出る予定ではげんでおります。とりあえず楽しすぎて。アレンジとフリーベースが!!しかし考察としあげに予想以上に時間がかかってしまったー!!まだ途上だけど放出へシフト。
というこんにちでございました。。

フリーベースに馴染むため、ぞんぶんにはまるため、ライブはしばらくやめております。なんにでもはまってしまうとどっぷりであります。

はげんでまいります〜。

夜な夜な!

時間をやりくりして!

鳥といっしょになって!

 

円盤企画 「孤立の偉人伝・京都編」

場所 : 京都喫茶ゆすらご
「孤立の偉人伝・京都編」

出演:田口史人(円盤)、武村篤彦(泊)、丸尾丸子

18:00開場 / 19:00開演

1000円+1ドリンク

“円盤店内で現在進行中の名物企画、戦後日本音楽史に孤高の世界を生み出した偉人たちに触れて行くシリーズ”の京都編です!雑誌「三ツ沢通信」内で連載されていた「孤立の偉人伝」のライヴ版のようなものです。(円盤ブログより)

※恐れ多くも今回も”偉人”の曲を私も演奏します◎!今回の偉人、、尊敬と共感と畏怖の念があり😱とてもどきどきわくわくです。